読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ感想:小林さんちのメイドラゴン(2017年・冬)


TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』 PV第1弾

 

推薦度:B

 

小林さんちのメイドラゴン」の最終話を見終わった。

 

 

京都アニメーションだ。

響け!ユーフォニアム」「聲の形」「Free!」などなど、最近そういう作品ばかりだった印象が強い、京都アニメーションである。

だけど今回は久しぶりに、ちょっと馬鹿っぽいやつだ。

らき☆すた「日常」の、京都アニメーションである。

 

小林さんちのメイドラゴン」でも京都アニメーションは、ちゃんと京都アニメーションをやっている。

誰もが送る日常が描かれていて、異世界があって、ドラゴンがメイドになり、魔法陣を繰り出して壮絶なバトルを繰り広げ、ネトゲにハマり、コミケに出展し、皆で劇をやり、突然キーパーソンがいなくなって、最後は泣ける。

テンポの良い急展開が連続する、こういった「無茶苦茶な日常系」を見ていると、「ああ、京都アニメーションだな」と思う。

 

トーリー的には特筆したいこともなく、まあ想像できる範疇で進んでいくんだけど、そこはお家芸という感じで、とても安心して見れた。

 

強いて言えば今回は、各キャラクターの目が特徴的だ。

極端な三白眼の主人公。

ドラゴンらしく激しい配色かつ、基本的に瞳孔が閉じているトール

逆に、基本的に瞳孔が開きっぱなしのカンナ。

出社時と在宅時で目というか顔が変わる滝谷。

常に目が閉じているルコア。

目は口程にモノを言う、各キャラクターの表情が豊かに感じられる作画だったと思う。

 

あと、OP が良かった。

「fhana / 青空のラプソディ」が、とてもアニメの雰囲気に合っていて良かった。

fhana といえば色んなアニメの主題歌をやっているイメージがあるけど、最も記憶に残っていたのが「僕らはみんな河合荘」のOP で、それが既に三年も前の話だ。

 

ちなみに「らき☆すた」の放送開始が、ちょうど10年前の今頃で、2007年4月~である。

本当に10年以上も、深夜アニメを見ているんだな。