読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ感想:昭和元禄落語心中 ー助六再び篇ー(2017年・冬)


「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」TV-SPOT

 

推薦度:S

 

昭和元禄落語心中の二期を全て見終わった。

一期より更に面白かった。2017年の冬アニメのベスト作品かつ、記憶に残る傑作の一つだと思う。

 

  

八雲・助六・みよ吉による愛憎劇が主だった一期に比べて、今回は更に「落語」そのものに焦点が当てられている気がした。

居残り佐平次」「芝浜」「寿限無」「死神」など、一期には登場しなかった、落語好きにはお馴染みの大ネタが次々と繰り広げられた。

個人的に好きなネタの一つである「つるつる」なんかも聴けて、とても満足した。

 

私は落語が好きだ。

よく知っているネタで、次に話がどういう展開を迎えるか分かっていて、最終的にどこにオチるのかまで一言一句を記憶しているにも関わらず、何度も何度も同じものを聴いてしまう。

物語自体の面白さだけでは、こうはいかない。

それを語る人が、その人の語り口が、聴衆を巻き込んで作り上げる場の空気が。

そういった、いわゆる「芸」が、何度も何度も同じものを聴かせるんだ。

 

その「芸」を追い求め続けて、ついに死神と出会う八雲。

自らを育てた寄席を焼くという狂気に、死後の世界。

最終話に近づく毎に、アニメ中で描かれる描写の一つ一つに凄みが増してきて、思わず息を呑む、固唾を呑んで見守るとは、まさにこういうことを表すのだと感じた。

 

あと今回、この作品を見ている間、「SHIROBAKO」という2~3年前に放送されたアニメのことを、よく思い出した。

大好きな何かがあって、それに全力を傾けている登場人物の姿を、その何かが大好きな制作陣が描くという構図がとても似ている。

 

昭和元禄落語心中のアニメを作っている人達が、落語を愛しているということは、ちょっと見ていれば分かる。

SHIROBAKO もそうだった。アニメ制作が大好きな制作陣が、アニメ制作を面白おかしく描いていた。

例えそれがフィクションであって、現実とはかけ離れた描写の連続でも、「好きだ」という気持ちが作品に込められていること自体は伝わる。

 

だって私も、WEB 制作というものが、大好きだからだ。

だからこの構図がすごく面白いし共感できるんだよね、たぶん。

 

12話で綺麗に完結したし、名残惜しくはあっても物足りなさを感じさせない高密度な作品だった。

続編はあってもなくてもいいかな、という感じ。