WEB デザイナーになるのが夢だったけど、この先どうすべきか分からなくなった

HTML +CSS が大好きで、WEB デザイナーになるのが夢だった。

20代前半の話だ。

 

それから色々あった後に、三年ほど続けたフリーランスにも飽きて、再び会社に入って二年が経った。

今、30代前半である。

 

正直、自分が何をしたいのかが、分からなくなっている。

正確に言うと、自分が「何をすべきなのか」が分からない。

 

 

こんなことは初めてかもしれない、と思う。

いつも何かしら、やりたい事があって、常に全力マンだった。

何をすべきかなんて本気で考えたことがない、幸せな馬か鹿のようだった。

 

そんなこんなで大学生の時に、たまたま「WEB サイトの作り方」を知る。

ハイパーテキストの面白さ、コーディングの楽しさに魅了され、それしか考えられなくなって即、大学を辞める。

 

最初はHTML+CSS 〜とデザインをしていた。

徐々にフロントエンド〜サーバサイド寄りに軸を移していき、フリーランス時はテクニカルディレクターとか何とか呼ばれる仕事がメインになった。

 

一時期、ゲームプログラミングにハマり、仕事そっちのけで朝から晩までコードを書いた。

本気で楽しくて、WEB 辞めてゲームやろうかと思った。

 

制作は本当に飽きない。たぶん、天職だ。

いくらでも勉強できるし、最初の頃のような楽しさを未だに感じる時がある。

技術力も、まだまだ足りないところばかりが目につく。

 

それでもフリーランスを辞めたのは、 制作しか知らない自分に疑問を持ったから、だったっけ。

 

実は、その時から既に「次に何をすべきか」は頭の中にあったんだと思う。

その頃の私は制作ばかりで、例えば営業やマーケティング、企画・提案 etc... に対して興味が無く、無知だった。

乱暴にまとめると「ビジネス」というものを、学ぶ必要性を感じて悩んでいたのかもしれない。

 

今の会社では、会長・社長の下で自社事業・新規事業の立ち上げや、他社との協業の話をいくつか任されてきた。

最初は何も分からないまま的を外してばかりで、最近ようやく何をどう進めていけばいいのかが、少し見えてきたところだ。

そもそもビジネスにすらなっていないものを形にしていく話なので、どっちを向いても闇しかない。

 

ちなみに今になって、「フリーランスの時の自分は、もっと稼げていた」ということを強く実感してしまう。

事業を安定して継続していくための基本が、いくつも欠けていた。

割とギャンブルに近い形の事業を三年もやっていたのか、と思い知る。

安定して食えていたつもりだったけど、5年~10年続いたかは怪しいものだ。

 

何にせよ、このままビジネスの勉強を続けていく必要性を感じている。

まだまだ基本も怪しい。

 

でも何のために?

必要性って言うけど、何のためにビジネスが必要なんだっけ?

 

ビジョンや目的のようなものは、あるっちゃある。

けど、そこまで明確に意識しているほどのものではなくて、どこかまだ具体性に欠ける。

今はビジネスの勉強が楽しくて、もっと上手くなりたいから、やるだけなんだけど。

…というのが、割と本音だ。

 

目的がある方が上達のスピードが速い、という。

もっと「この先」について掘り下げて固めてから、「今、何をすべきか」を考えるべきなんだろうか。

勉強自体が楽しいというマスターベーションを脱し、誰かのために何かを達成しろとでもいうのだろうか。

 

分からん。

もはや「何をすべきかが分からない」を通り越して、「何をすべきかを考えなければいけないのかどうかが分からない」という、面倒極まりない有様だ。

やはり新卒か。いや、これは就活生じゃないか。

 

そもそも制作だって、目的なんか無いまま、楽しいだけでやっていたんだけど。

食うに困らないなら、それでいいんじゃないのって言う人も多い。

 

そうなんだよね、食うに困らないのも問題だ。

現在の収入にも、そこまで不満がない。

 

余談だけど最近、人工知能の話にすごく興味がある。

去年は色々な本を読んだり機械学習のライブラリを触ってみたりした。

知れば知るほど、人工知能が自分の仕事を奪うなんてことは無いんじゃないかと思う。

少なくとも現時点では、そんな想像すら馬鹿馬鹿しく思えるほどだ。

 

話を戻して。 

何をすべきかということを考えないで、ただ今やりたいことに打ち込むのは楽だ。

あっという間に毎日が過ぎていき、気づいたらスキルアップしているような錯覚の連続だ。

次にすべきことを考えて確実に実行していく方が遥かにキツい。

 

でも多くの人は皆、そうしてきたんだよね?

 自分はそれをしてこなかった人間で、そのツケを今になって払っている、ということなんだろう。

 

私のことを知っている人は、この機会に相談に乗って欲しい。

既に何人か年末年始に話を聞いてもらった人がいて、とても面白く思っている。

 

深刻そうな雰囲気で文章を書いてはいるが、結局のところ私は今の自分の状況を、楽しんでいるのだ。