マネジメントとOKRで「目線を合わせる努力」ができたら、の話

年末年始のバタバタの中で何度か感じていた「お気持ち」を、感情の赴くままに書きなぐって供養したいと思う。なんまいだ。

 

マネジメントにおいて、昔から多くの人がモヤモヤしていることがある。

マネージャーだけじゃない、チームのメンバーも含めて、組織で働く限り誰にでも関わりがあるモヤモヤだ。

 

それは、マネージャーとチームのメンバーの目線が合わない、ということ。

同じゴールを見てくれない。評価したい、評価されたいと思っているポイントが異なる。経営者目線を持ってくれ。経営者目線だと?アホか。私のことを理解してくれない。もう、なんか話が合わない。気に入らない。キモい。etc...

 

こんなことが、ずっとある。

そして、それは当たり前だ。マネージャーとチームのメンバーの目線が合わないのは当たり前だと思う。

(「目線を合わせる」の定義が非常に危ういけど、今回は「お気持ち」の話なので、あえてそのままにしておく。)

続きを読む

チームを育てるということ(エンジニアの巻)

ゼロベースからフロントエンドエンジニアのチームを作り始めて、もうすぐ2年が経とうとしている。

最初は1人しかメンバーがおらず、徐々に採用を進めて、今は4人のチームだ。

 

チームを育てるということは私にとって「明文化」の継続だ。

チームを形作るために、ドキュメンテーションを行う。その繰り返しこそが、チームビルディングと呼ばれるものかもしれない、とすら思う。

 

最近そんなことをよく考えていて、色々と整理したいので書いていく。

ちなみに「エンジニアの巻」としたのは私が今フロントエンドエンジニアのチームを担当しているからで、べつにそこまでエンジニアに限った話を書くつもりはない。

 

続きを読む

ゴジラ(キング・オブ・モンスターズ)見た。3回ぐらい泣いた。

覚醒したキングギドラが地上に出てきて、悪魔のような形をした大きな翼を広げた。ゴロゴロと雷みたいな音を鳴らして、黄色いジグザグに進む光線を吐く。一つの首が、一つの首と喧嘩して、じゃれ合う子犬みたいになっている。

 

私が子供の頃に見た、キングギドラがいた。

強くて、大きくて、しぶといゴジラの宿敵。あのキングギドラが、まだ生きていたんだ。

気がついたら私は、映画が始まってからまだ少ししか経っていないのに感極まって、涙を流していた。大の大人が、キングギドラを見て泣いていたのだ。(信じられなかった。)

 

…以下、ゴジラ(キング・オブ・モンスターズ)を映画館で見たので、その感想です。

ちなみに今すごく感動しきっていて、語彙が貧弱に、文章は支離滅裂になってしまうかもしれません。

 

ストーリーに触れることは書かないつもりだけど、普通にネタバレはあるので、すっごい楽しみにしてる人は読まない方が良いです。

続きを読む

Decade というフォーマットで10年間を「ふり返り」してみたら想像以上に有意義だった

ビジネスにおける「ふり返り」の重要性は言うまでもないけれど、その手法にも色々とあって、その中でも最近になって知ったDecade と呼ばれるフォーマット(?)が凄く良かったので、書いていきたい。

 

Decade とは簡単にまとめると、

  • この10年間の「自分史」をまとめるイメージでスライドを作る
  • スライドに10年の間、自分が何がやってきたかを書いていく
  • スライドに10年の間、自分が何を考えてきたかを書いていく
  • すると何か分からんけど実績やスキルや信条などが簡潔にまとまる

というようなものだ(そう理解している)。

この「10年間」という期間の設定がポイントだ。2~3年とかではなく、10年間である。

続きを読む

なぜ一人でバーに通うのか。ずっと通っていたバーの閉店によせて

終電を無くした後の新宿からタクシーを拾って、その当時よく通っていたバー「A」に行くと、臨時休業というやつで行き場を失ってしまった。そこは世田谷区の住宅地のド真ん中で、周りにはコンビニしか無かった。

仕方がないので近くの急行が停まる駅まで歩いて、そこから再びタクシーを拾っても良かったんだけど、臨時休業によって行き場を無くした「もう少し一人で飲みたい」という気持ちを満たすためにフラフラ歩いた。

そこで偶然、何も知らずに入ったのが、そのバー「B」だった。

 

続きを読む

WEB ディレクターもWEB エンジニアも同じだから喧嘩するんじゃないよ

久しぶりに仕事の近況でもログっておこうと思ったら、いきなり世界平和を訴えている感じのタイトルになってしまった。

 

私は主に、WEB ディレクターとかWEB エンジニアをやってきた人間なんだけど、 その二つの仕事が本質的に大差ないんじゃないかと最近になって気づいた。

だから仲良くしよう(と、ついでに言っておく)。

 

続きを読む

「天才」の定義と証明に迫る漫画「はねバド!」が面白すぎる

f:id:nico0927:20190114183341p:plain

ー 引用:漫画「はねバド!」 / 濱田浩輔(著)/ 株式会社 講談社

 

漫画「はねバド!」が、めちゃくちゃ面白い。

最近、読んだ記憶があるスポーツ漫画の中でも断トツに面白いし、これはタイプ的に「スラムダンク」に迫る面白さだと本気で思う。

 

漫画「はねバド!」は、「天才とは何か」を繰り返し問う。

そして「自らが天才であると証明するとは、どういうことなのか」というテーマに、親子関係とバドミントンを通して迫っていく。

 

この記事では単行本の最新巻(14巻)で読める部分までの感想と、「はねバド!」で描かれる「天才」について書いていきたいと思う。

 

続きを読む

2018年の深夜アニメの傑作と、本当に見て良かったベスト作品をまとめた

これも年末に書いて公開しとけや、という感じですけど、生牡蠣が〜(以下略)。略した部分はこちらの記事で。

しかし遅くなってしまったとはいえ、これをまとめることは、超一流のビジネスマンを目指すために不可欠な「7つの習慣」の一つなのだ。つまり、まとめずして2019年を過ごすことはできない。

 

はい、というわけで、個人的な2018年の傑作アニメ・その中でも最高だったベストアニメについて、まとめていきます。

 

続きを読む

2018年のふり返り(KPT)と2019年にやること

お前こんなもん年末に書いて公開しとけよ、と。

いや、勿論そうしたいのは山々だったんです。でもね、忘年会ラストスパートが、まさかの4連夜の開催となってしまい、文字通り死の淵を彷徨っていたんですよ。

そう、生牡蠣に当たって死にかけてしまってね。

今まで微塵も臆することなく好物の生牡蠣を食いまくってきた私だが、もう奴をナメないと決めた。奴を好敵手と認めよう。(これからも食うからな。)

 

はい、というわけで、個人的な去年のふり返りと今年の抱負っぽい何かです。

 

続きを読む

アニメ感想:やがて君になる(2018年・秋)ー キスしたから好きなのか、好きだからキスをするのか

 

好きですと告白して、互いの同意のもとに交際が始まり、数回目のデートでキスをし、数回目のデートでセックスをする。

このような古いパブリック・イメージが恋愛には存在する。それを誰が定義したのか、何の根拠があるフローなのかは全く分からないけれど。

 

では実際というか現実というか、多くの人々が経験する恋愛とは、本当に前述のようなものなんでしょうか。(そんなことないですよね。)

 

そもそも「好きです」と告白したこと、何回ぐらいありますか。

「好きです」と告白して、相手も「私も好きでした」と、交際開始の時点で両想いと呼ばれる状態だったことって、何回ぐらいありますか。

 

この記事を書いている私が世間ズレしていると言われれば、それまでだ。

しかしきっと、多くの人々は冒頭のパブリック・イメージと合致しないような恋愛のフローだって経験しているはずだし、むしろそのようなイレギュラーの方が多いはずだと信じている。

実のところ、それはイレギュラーでも何でもなくて、パブリック・イメージはあくまでパブリック・イメージであり、他人が勝手に作り上げたフローの一つに過ぎないというだけの話だ。

 

やがて君になる」は、そういった恋愛の理想と現実の間に存在する何かを、よく捉えていると感じる。

この記事を書いている時点で5話まで放送されており、とても魅力的な作品だと思ったので、見ながら考えていることをまとめておく。

 

続きを読む